中高年でも活躍できる介護の仕事とその魅力

生活リズムに合わせて働けることで人気の高い派遣の仕事ですが、近年その需要は若年層だけではなく、40代にも高まっています。特に人手不足が深刻化している医療業界や介護業界においては、派遣社員の雇用に積極的です。介護職などは、経験値や資格などが必要と思われている方が多く、興味があっても学校へ通わなくてはならないのではないかと考えている方も少なくありませんが、施設によっては未経験者や無資格であっても雇用を積極的に行っているところがあります。

そこで、40代から転職を考えたときに、介護業界で派遣として働くことは大きなチャンスだといえます。これまでと異なった職種に飛び込む場合は、不安を感じるかもしれませんが、働きながら学びぶ姿勢があれば、異職種からの挑戦も問題ありません。また、人手不足が深刻化している介護職は、人材の確保が重要な課題となっているので、派遣社員から正規職員にステップアップした方も多数います。派遣社員を受け入れている介護施設の多くは、新規オープンに伴ったスタッフの確保や、在職中のスタッフが産休や病欠によってできたシフトの穴を補充するための短期勤務の場合が多く、比較的挑戦しやすいのもポイントといえるでしょう。

介護職は人と接する仕事であり、体力を必要とする仕事でもありますが、介護技術だけではなく、経験値が豊富と考えられる40代の雇用も積極的に行われています。これまで介護職に携わっていなかった方も、関心とやる気があれば、派遣の仕事から始めてみるのも一つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です