介護業界で派遣として働くメリット

介護職は、入居者の日常生活自立を支える事が主な仕事であり、女性の活躍が多く見られます。結婚や出産をきっかけに生活スタイルが変化した方の中には、働きやすい就業形態を望む声も多く、パートや派遣として活躍している人が少なくありません。そこで、もっと時間的な余裕が欲しい人や、自由な働き方を望む人の為に、ここでは、派遣で働くことのメリットと注意点を考察してみましょう。

まず、メリットとして一番に挙げられるのは、短時間や曜日など、自分のライフスタイルに合わせた働き方が出来る事です。また、無資格でもOKな求人もあり、時給も比較的高く、有資格であればさらなる高時給も期待できる点もポイントです。時給制のため、サービス残業を強いられることもほとんどありません。逆に気をつけたいのは、正社員と仕事内容が変わらないのにボーナスがないので、トータルした年収が低くなってしまうということです。この点については、「派遣の仕事だから仕方ない」と割り切って捉える必要があるでしょう。

しかし、派遣の中にも紹介予定派遣という働き方があります。子育てが落ち着いたら、もっとしっかり働きたいと思っている40代の方などは、紹介予定派遣がおすすめです。紹介予定派遣とは、直接的な雇用を前提に、最初は派遣して採用されるシステムのこと。派遣は期間が決められていますが、期間満了の時に、企業側と本人の同意があれば正社員として採用されるチャンスがあります。実際に派遣として働いて、続けたいと思えば続けられますし、辞めたいと思えばその後の雇用を辞退することが出来るので、労働者にとってメリットの大きいシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です